検索
  • 吉田直子

賃貸住宅現状回復~壁紙床張替え工事

最終更新: 2019年1月30日

オーナー様に満足のいく仕上がりをお約束します。


賃貸住宅には、原状回復工事がつきものです。

またオフィスや事務所、店舗の移転に伴う原状回復工事も承ります。

すでにお付き合いのある内装業者がいらっしゃれば、お分りになりますが、当店は地域最安値ではありません。

安い内装業者はいくらでもあります。

しかし、それらの業者は単価を下げるため、糊など他の副資材も最安値のものを使い、日当を抑えられる経験の少ないもしくは腕のよくない職人に施工にあたらせている現状です。

結果、施工直後はわからなくても、後で手直しが必要だったり、入居者様からのクレームがあったり、

そして手直しには追加料金が発生したりの場合があります。

当店では、長く大手ゼネコンの下請けなどで、官公庁や学校病院などの公共施設の施工の経験も長く、職人歴30年の代表の私が直接施工させていただきますので、手を抜くことはなく、長年の技術と経験で最適な施工をさせて頂きます。


★きれいに仕上げるための副資材

・ボンド入りの糊

(よく使われるものより高価です)

・和紙テープ

(ジョイント部分に使い、剥がれを防ぎます)

・下敷きテープ

(下地にカッターの切れ目を入れずに、後日の剥がれを防ぎます)

114回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示