検索
  • 吉田直子

壁紙クロスの選び方~クロスの色を決める

壁紙選びのポイントとして、色について考えましょう。


明るい色の壁紙と暗い色や濃い色の壁紙がいいのか。



まず、そのお部屋はどんなお部屋でしょうか?

家族が、揃うリビングなのか?

作業をするお部屋なのか?

ゆっくりくつろぎたい寝室なのか?


明るい色の壁紙のメリット

お部屋が明るく、広く感じます。


暗い色の壁紙のメリット

落ち着いた雰囲気になります。



しかしメリットは同時にデメリットともなり


狭いお部屋に、暗い色、濃い色を使うと

圧迫感があり、狭い印象になります。


また、ゆっくりくつろぎたいお部屋で

あまりに真っ白すぎるほどの壁紙の色だと

まぶしいような感じで、落ち着かないということになります。


それらの、メリットデメリットと踏まえた上で、

そのお部屋は、くつろぎたいお部屋なのか

活動して明るく過ごしたいお部屋なのかと考えて

決められるとよいでしょう。


また、お部屋を全て同じ色の壁紙でそろえる必要はありません。


天井だけ違う壁紙クロスにする。(天井用クロスというものがあります)


壁一面のみアクセントクロスにする。


などでデメリットを打ち消しあうことができます。



天井のみ落ち着いた色の壁紙クロスにする。


寝室などくつろぎたいお部屋では

天井のみを落ち着いた色の壁紙クロスにすると

ベッドに寝て、天井を見上げたとき、落ち着いた印象になります。


しかし、この方法は、寝室以外の狭いお部屋では

圧迫感を感じ、狭く感じるので不向きです。



壁1面のみアクセントクロスとして

暗い色、濃い色、落ち着いた色の壁紙クロスにし

天井は、明るい色にする。


この方法ですと、全部白い真っ白な平坦な幹事ではなく

お部屋が広く感じますので

たいていの、お部屋にお勧めの方法です。



白やクリーム系の壁紙クロスの選び方


明るい色をベースとして選びたい場合も

水色、ピンク、イエローなどの淡い色の壁紙クロスをを使ってもよいのですが

難しいし、あきる場合があります。


なので、特にこだわりのない方や

ポイントとなる色はアクセントクロスとする場合は


メインとなる壁紙クロスは白やクリーム系にするとよいでしょう。


しかし、ここでも白系の壁紙クロスと言っても、種類はたくさんあり

真っ白なものからベージュに近いものまであります。


こちらを選ぶ場合に気をつけたいことは

壁紙クロスは、見本帳の小さい面で見るより

実際に、壁紙を貼って大きい面になった方が、明るく感じます。


見本帳では、ちょうどいいと思っても

実際に壁紙を貼ると

白系ですと、思ったより真っ白になります。


アクセントクロスなどの色があるものは、思ったより薄く感じます。


白系を選ぶときは、見本帳ではすこしクリームベージュかなと思っても

貼ってみるとちょうどいい白さです。


見本帳でちょうどいい白さと思って選ぶと、夜など蛍光灯の照り返しなどで

まぶしいくらいになることもありますので、気をつけましょう。


色のついたアクセントクロスなどは、思っているより少し濃い目の色を選ぶくらいが

ちょうどいいでしょう。


0回の閲覧

お問い合わせはこちら

0725-58-7809

職人のみの店ですので施工中お電話に出られない場合があります。出られない場合こちらから折り返しお電話いたします。

壁紙張張替え・クロス張替え・床リフォーム(クッションフロア・タイルカーペット・フロアタイル等)オーダーカーテン・カーテンレール

よしだ内装

〒594-0013 大阪府和泉市鶴山台2-10

 壁紙クロス床工事30年の実績があり、難しい施工も多くこなしております。丁寧さ技術力に自身があります!

<業務エリア>大阪市・堺市・和泉市・泉大津市・高石市・松原市・岸和田市・貝塚市・泉佐野・大阪狭山市・忠岡町・熊取町・富田林市・河内長野市・藤井寺市・

​泉南市・泉南郡・田尻町 その他の地域もご相談に下さい